バレーボール魂

サーブをチャンスにするには

 あなたは、サーブレシーブは難しいと思っていませんか? なにか他のレシーブと違って苦手だ、と思っていませんか?本当はサーブレシーブは難しくありません。 簡単なのです。
サーブというのはスパイクに比べると、とてもゆっくり飛んできます。だから、サーブは、スパイクが遅くなったというよりも 、チャンスボールが 少し速くなったといえます。サーブをチャンスボールと思い、チャンスボールと同じようなレシーブができれば、サーブレシーブは 何も怖くありません。

 では、サーブをチャンスにするにはどうしたらいいのか。そのためには、まずは早く動くこと、 そしてボールの正面に入り、下から上げることです。早く動くのはもちろん足であって手ではありません。 ボールに手が引き寄せられるように、手だけが動いていませんか?手で追わない 足で追う、 これを徹底しましょう。
ボールの正面に入れれば、あとはセッターの方へ、まっすぐ上げるだけ。チャンスになったも同然です。
つまり、サーブをチャンスボールにする方法とは、 ボールを追う動きと、ボールをあげる動きを分けて考えることで、サーブレシーブを特別なレシーブだと 感じないようにするということです。


いろいろなサーブへの対応

 次に、いろいろな種類のサーブのレシーブを考えてみましょう。 まず思い浮かぶのが、ジャンプサーブ(ドライブサーブも含む)ではないでしょうか。 ジャンプサーブはかなり速いサーブです。それゆえ逃げ腰になってしまいまともにとれない、 という人はいませんか?そういうときは一度だけでも正面で、ボールに負けないようレシーブしてみましょう。 そうすれば意外と簡単にあがってくれることが分かるはずです。最初からドライブ(下に落ちる強い回転)がかかっているわけですから、 ボールの正面にはいって当てることができれば、あとは勝手にボールは上に上がっていきます。 自分を信じて、サーブに立ち向かいましょう。

それからフローターサーブがあります。 回転をかけないことでいろいろな曲がり方をするサーブです。このサーブの曲がり方は目で見極めるしかありません。 大体の位置にまで移動して、そこからボールが落ちたり、曲がったりしたら、とにかくそこから手をのばしてねばりましょう。 あまり曲がらないこともあるので、そのときはラッキーなサーブになります。(本当にラッキーです)
また、フローターの中で、落ちるのではなく伸びてくるサーブもあります。 このサーブを普通にとると、腕の上のほうにボールが当たり、セッターまでボールがとどいてくれません。これは後ろに下がるのが一番いい 対処方法です。思い切ってさがって、いい位置でボールをとりましょう。

最後に、コート隅などコースを狙って打たれたサーブです。これは、人のいないところに打たれるので、 とにかく早く動くことが重要です。あげれるかどうかぎりぎりな場合は、そこまでダッシュするのではなく、 ボールを上げたら走り抜けましょう。無理にボールのところで止まろうとすると遅くなります。 あとできれば姿勢を低くして、少しでもボールが落ちてくるまでの時間を長くしましょう。



(05年4月26日)

[PR]動画